Photoshop レイヤーと画像変形

レイヤーパレット

この時、画像はどのように処理されているのでしょうか。それは、レイヤーパレットを見ると知ることができます。「レイヤーパレット」は、「チャンネル」や「パス」などのパレットと同じところに表示されていることがあり、それからアクティブになっていると見えません。タグをクリックしてレイヤーパレットをアクティブにしてください。もしどこにも表示されていない場合は、メニューから「ウインドウ」→「レイヤーパレット」にチェックを付けると表示できます。
レイヤーパレットを見ると、模様の部分が背景となっており、その上にレイヤー1のピエロがあります。このレイヤーというのは、アニメのセル画のように透明なセルに必要な部分だけ絵を描いて配置したものと考えれば理解しやすいと思います。このレイヤーのおかげで貼り付けた画像ごとに編集することができるのです。
それでは、画面からはみ出しているピエロのレイヤーを編集して、ピエロのサイズを調整しましょう。
【スポンサーリンク】

ペースト
模様の画像へ「ペースト」
合成された画像
背景の上に貼り付いた
「編集」→「自由変形」で、サイズや向きを調節しましょう。この「自由変形」は拡大縮小だけではなく、回転や左右上下の反転などを行うことができます。変形が終了したら「Enterキー」で確定しましょう。この画像にレイヤーを追加するとこで、さらに画像を重ねたり文字を重ねたりすることができます。
レイヤーパレット
レイヤーパレット
自由変形
「編集」→「自由変形
画像の縮小
適当な大きさに
ただしこのレイヤーはJPEG形式で保存すると統合されてひとつになってしまいます。レイヤーを残しておきたい場合は、Photoshopの独自形式psdで保存する必要があります。
以上でPhotoshopを使った画像合成は終了です。お疲れ様でした。


【スポンサーリンク】