テキストボックスを利用して文字を追加しましょう

テキストボックスの追加

次にテキストボックスを利用して、文字を追加しましょう。テキストボックスを使う理由は、画面上に自由に文字を配置できることと、テキストボックスの大きさを変更することで、文字列幅など文字のレイアウトを変更しやいすという利点があるからです。
メニューの「挿入」→「テキストボックス」から「横書き」か「縦書き」を選びます。 同時に、「描画をここに作成します。」という描画枠が表示されます。この描画枠の中にテキストボックスをつくることもできますが、今回は、描画枠の外にテキストボックスを作成してみましょう。上の図の状態の時、マウスカーソルは十字型になっています。それをテキストを挿入したい位置でドラッグしてみましょう。
【スポンサーリンク】

テキストボックスが描かれると同時に、描画枠が消え、描画枠があることで位置がずれていたワードアートの飾り文字が元の位置にもどります。 できたテキストボックスの中で、カーソルが点滅しているはずですので、そこに文字を入力しましょう。 文字の色やフォントを調節して見易い文章にしてください。
テキストボックス
テキストボックスの挿入
描画枠
描画枠の表示
テキストボックス
テキストボックス


【スポンサーリンク】