iPhoneで撮影した画像の大きさ

画像の大きさはピクセル数で表す

写真などの画像は、小さな点の集まりです。この点のことをピクセルとかドットなどと呼んで、その画像がいくつの点で構成されているかを表しています。これで、画像の大きさやだいたいの品質がわかります。
同じような写真の場合、ピクセル数が多い方が、情報量も多く、品質が良い訳です。(単に画像を引き伸ばしただけの場合はあてはまりません。)
【スポンサーリンク】

ちなにみに、iPhoneで撮影した画像は3264×2448ピクセルと大きなもので、これは一般的な21インチ液晶モニタが1920×1080ピクセルですので、モニタには一度に表示できない大きさです。 ところで、パソコン画像のドットは四角形ですが、印刷物のドットは丸い点です。
ドット

どれぐらいの大きさで印刷できるの?

上記のiPhone5sで撮影した3264×2448ピクセルの画像はA4版の用紙に印刷してきれいに印刷できるサイズです。
A4どころかA3にも十分印刷できます。実は、画像のピクセル数と印刷できる大きさとは、直接関係ありません。
3264×24486ピクセルの画像は、ハガキサイズでも、A4サイズにもA3やA2にだって印刷できるのです。
ただし、できるというだけです。元の情報の量(点の数)は変わらないのに印刷だけ大きくすれば、当然画像は荒れてしまいます。そこで、目安となるのが、解像度という考え方です。


【スポンサーリンク】